• 五節句のお祝い

  • 日本の四季を彩る代表的な節句が五節句です。節句料理節句飾りで季節の節目を祝いましよう。

  • 1月1日お正月

  • 羽子板(女の子のお守り)

    起源は室町時代に宮中で行われていた遊び「羽根付き」です。江戸時代になると大名の間で年の暮れに女児の生まれた家に贈ることが慣例となりました。女の子の厄除けとしてお正月、ひなまつりに飾ります。

  • 破魔弓(男の子のお守り)

    弓矢は古くから魔よけに用いられ、「魔を破る弓=破魔弓」と言われるようになったといいます。鎌倉時代以降は男の子が立派な武士として名をあげるようにと願い、初正月の祝いとして破魔弓が贈られるようになりました。お正月、端午の節句に飾ります。

  • 1月7日七草の節句[正月七日 人日の節句]

  • 3月3日桃の節句[三月三日 上巳の節句]

  • 5月5日菖蒲の節句[五月五日 端午の節句]

  • 7月7日笹の節句[七月七日 七夕の節句]

  • 9月9日菊の節句[九月九日 重陽の節句]

  • お正月最後となるこの日には、七草がゆ(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ)を食べ、一年の豊作と無病息災を願います。

  • ひな人形

    今でも一部の地域に残る「流しびな」と、平安時代の貴族のお人形遊び「ひいな遊び」が結びついて生まれた「ひな人形」。現代では女の子の健康と幸せを願い、3月3日のひなまつり(桃の節句)に飾ります。

  • 五月人形・鯉のぼり

    もともと菖蒲の季節に、宮廷で武芸を競い、病気や災いを祓う式日でした。そして武家の時代には尚武とかけて甲冑や刀などの武具を飾り、武運長久・立身出世を願う儀式となりました。それが江戸時代に庶民に広がり、現代に受け継がれています。鯉のぼりは、鯉が急流の龍門を超え龍となる「登龍門伝説」にちなみ、強く逞しく育ってほしいという立身出世の願いを込められて揚げるようになりました。それらが江戸時代に庶民に広がり、現代に受け継がれています。

  • 七夕まつり

    7月7日に行われる七夕は、中国に伝わる「牽牛星」と「織女星」の伝説と、日本に古くから伝わる「棚織津女」の物語が合わさってできたといわれています。 七夕が近づくと願い事を短冊に書き、笹竹に結んで飾ります。

  • 重陽の節句

    元々は中国の考え方で、九という陽数(奇数)が重なるため「重陽」と呼び、めでたい日とされてきました。また菊の花は不老長寿に結びつくとされ、9月9日は菊の花を浮かべた菊酒などを楽しむのが習わしです。

お子様の成長とお祝いごと

  • 誕生→満一歳

  • この世に生まれてきた赤ちゃんの誕生を祝って、喜んでいただけるものを贈ります。

    出産7日目に、夫婦や両家の両親が集まってお祝いします。この日を名づけ披露とし、
    命名式と、御祝いの膳を囲みます。

    赤ちゃんが初めて家の外に出て、神社などにお参りする儀式です。赤ちゃんの誕生に感謝し、成長と健康をお祈りします。参拝だけでよいですが、丁寧にする場合はお祓いを受けます。

    「一生、食べ物に困らぬように」その願いを込めて、赤ちゃんに食べさせる真似をする行事です。祝い膳は一汁三菜を基本に、赤飯、鯛か鯉の身を汁、尾頭付き鯛などの焼き魚、煮物、香の物などです。

    赤ちゃんがはじめて迎えるお正月のことです。邪気を払い、健やかな成長を願って、
    羽子板や破魔弓を飾ります。

    赤ちゃんがはじめて迎える節句で、女の子は3月3日のひなまつり(桃の節句)。
    男の子は5月5日の端午の節句のことをいいます。

    満一歳の誕生日に、餅をついて背負わせる儀式です。子どもの健やかな成長と早く一人歩きができるようにとの願いが込められています。

    男子は3歳と5歳、女子は3歳と7歳になったときに、成長を祝い、晴れ着を着せて神社でお祓いを受ける行事です。数え年で祝うのがしきたりですが、現在では満年齢で祝うケースも多くなっています。

    13歳になった女の子が虚空蔵菩薩を安置しているお寺に親子でお参りする行事で、子どもに知恵と福徳の授与を祈ります。

徳永こいのぼりの動画『みんなで節句』