20150505kodomo
5月5日 端午の節句 子供の日
日本特有の文化 「端午の節句」は、家族や親族、そして親しい友人が集まり鯉のぼりや鎧兜飾りを飾って男児の誕生を祝う日とされています。
古来(江戸中期頃)より鯉のぼりは、大切な我が子から厄を祓い健やかに逞しく育ち、立身出世の人生を送れますように。と神に願をかける習わしとして伝わってきました。
このように季節ごとにある、お節句行事を家族や親族の中で経験しながら育つ事により、礼節を重んじ、
家族の絆を大切にする思いやり深い国民性の日本人として成長していく事が出来たと言われています。
さて、初節句を迎えられる男児のお子様がおられる皆様おめでとうございます。
今日の主役は、かわいく凛々しいお子様ですね。ご家族、親族皆様で、お子様の健康とあふれる程の幸せな人生を願い祝ってあげて下さいね。
また、おいしいお料理や楽しく笑顔溢れるパーティーで、大切な思い出の1日になります事を願っております。

弊社、徳永こいのぼりでは、全ての皆様に「満足と期待感を与えられる企業」を目指し、
鯉のぼり文化の継承と共に新しい取り組みをしながら時代に沿った鯉のぼりを企画開発、製造をしております。
今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

創業67年 鯉のぼり製造
株式会社 徳永こいのぼり
代表取締役 徳永夕子

http://www.tokunagagoi.co.jp/